計算機の周辺装置におけるドライバ供給方法

Method for supplying driver in computer peripheral device

Abstract

PURPOSE: To unnecessitate driver assembling work and to easily and quickly correspond to without knowledge about a computer and an operating system by transferring a driver from a peripheral device to be newly connected to the computer according to a predetermined sequence. CONSTITUTION: In a driver supplying method for adding the new peripheral device in the peripheral devices of the computer 11 in a system capable of connecting the plural peripheral devices to the computer, the driver (ROM) 32 controlling the new peripheral device 31 is incorporated in the peripheral device side, the driver (ROM) 32 is transferred from the side of the new peripheral device 31 to the computer 11 when the operating system is loaded to a memory at the time of starting the computer, the computer 11 loads the driver (ROM) 32 and the driving of the new peripheral device 31 is made to be possible. COPYRIGHT: (C)1996,JPO
(57)【要約】 【目的】 予め決められたシーケンスにより、新たに接 続される周辺装置からドライバを計算機に転送すること により、ドライバ組み込み作業を不要にし、計算機やオ ペレーティングシステムについての知識がなくても、容 易に、しかも迅速に対応することができる計算機の周辺 装置におけるドライバ供給方法を提供する。 【構成】 計算機に複数の周辺装置を接続可能なシステ ムにおいて、新たな周辺装置を追加する計算機11の周 辺装置におけるドライバ供給方法において、新たな周辺 装置31を制御するドライバ(ROM)32をその周辺 装置側に内蔵しておき、計算機起動時にオペレーティン グシステムがメモリにロードされた時に新たな周辺装置 31側よりドライバ(ROM)32を計算機11に転送 し、計算機11はそのドライバ(ROM)32をロード し、新たな周辺装置31をドライブ可能にする。

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle