Transfer method for multimedia data

マルチメディアデータの転送方法

Abstract

PURPOSE: To prevent a decrease in transfer efficiency and an omission of data by providing a method which adaptively determines the kind of data to be transferred with top priority corresponding to the input buffering states of respective data kinds and transfers the data, in a multimedia system. CONSTITUTION: The data write rates of FIFO memories 13 and 23 in which image data and speech data are buffered, are encoded by state encoders 15 and 25 by using state tables 16 and 26, and data of which FIFO memory should be transferred with top priority, is determined by an arbiter 17 according to the respective encoding states by using an arbitration table 18 and reported to a DMAC 10 with a DREG signal. The arbitration table 18 has such table constitution that transfer from an FIFO memory side which is relatively large in write rate is given priority, and respective data are transferred to a buffer memory 6 with good balance according to the input states.
(57)【要約】 【目的】 マルチメディアシステムにおいて、各データ 種の入力バッファリング状態に応じて転送が最優先され るべきデータ種を適応的に決定してデータ転送する方法 を提供し、転送効率の低下やデータの欠落を防止する。 【構成】 画像データと音声データがバッファリングさ れるFIFOメモリ13,23のデータ書込み率をステートエン コーダ15,25がステートテーブル16,26を用いてエンコー ドし、その各エンコード状態からアービタ17が調停テー ブル18を用いて何れのFIFOメモリのデータを優先転送す べきかを決定し、DREQ信号でDMAC10へ通知する。調 停テーブル18は書込み率が相対的に大きくなっているFI FOメモリ側からの転送を優先させるテーブル構成を有し ており、各データは入力状態に応じてバランス良くバッ ファメモリ6へ転送される。

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (2)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2010044645-AFebruary 25, 2010Fujitsu Ltd, 富士通株式会社データ転送装置、およびデータ転送方法
    WO-2004102404-A1November 25, 2004Fujitsu LimitedAppareil de transfert de donnees