ソフトウェア著作権保護の方法

Method for protecting software copyright

Abstract

(57)【要約】 【目的】 複写が可能であるが、指定された装置以外で は運用に制限を付ける、また、運用の制限の解除が可能 なソフトウェア著作権保護の方法を実現する。 【構成】 装置に固有のコードから保護キーの情報を生 成する保護キー生成処理1と、装置に固有のコードから 制限キーの情報を生成する制限キー生成処理3と、それ らキー情報の照合処理からなるチェックプログラムをプ ログラムの処理の一部に組み込む。
PURPOSE: To embody a method for protecting software copyright in which a copying is possible, but the limitation for the operation is given in the equipment except a designated device, and the release of the limitation of the operation is possible. CONSTITUTION: A protection key generation processing 1 generating the information on a protection key from the code specific to an equipment, a limitation key generation processing 3 generating the information on a limitation key from the code specific to the equipment and the check program composed of the collation proceedings of the key information are incorporated into the part of the processings of programs.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (5)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2005524919-AAugust 18, 2005アナログ・デバイシズ・インコーポレーテッドセル電話などの電子デバイスのセキュリティに使用する方法およびデバイス
    JP-2007012087-AJanuary 18, 2007Sega Corp, 株式会社セガ情報処理装置、情報処理方法及び情報記録媒体並びに情報処理システム
    JP-2011165041-AAugust 25, 2011Mitsubishi Electric Corp, 三菱電機株式会社制御装置及び管理装置
    JP-2011186998-ASeptember 22, 2011Nissin Electric Co Ltd, 日新電機株式会社Method for preventing copy of program
    JP-4539874-B2September 08, 2010株式会社セガ情報処理装置、情報処理方法及び情報記録媒体並びに情報処理システム