Wet nonwoven fabric and its production

湿式不織布及びその製造方法

Abstract

PURPOSE: To obtain wet nonwoven fabric having high strength and excellent printability and resistant to see-throughness by forming a web from reticular fibrid short fibers and treating the web with a hot calender roll. CONSTITUTION: Each of an olefin polymer such as high-density polyethylene and an ester polymer such as polyethylene terephthalate is kneaded with 0.1-5wt.% of talc powder as a crystal uncleation agent and the polymers are dissolved in methylene chloride to disperse the talc and obtain a spinning dope having a polymer concentration of 5-30wt.%. The dope is extruded within 90min after the preparation through a nozzle at 150-240°C under ≥40kg/cm2 2 pressure into a region having temperature and pressure lower than those of the spinning process. The reticular fibers composed of essentially continuing olefin and ester fibrid fibers are cut to form short fibers. The short fibers are beaten and formed by a paper-making process to form a wet web. The web is treated with a hot calender roll to obtain nonwoven fabric having self-fused contact points of the fibrid short fibers over the whole surface of the web. COPYRIGHT: (C)1996,JPO
(57)【要約】 【目的】 高強力の湿式不織布及びその製造方法を提供 する。 【構成】 この湿式不織布は、フィブリッド状短繊維を 構成繊維とする。フィブリッド状短繊維は、オレフィン 系重合体を主成分とするオレフィン系フィブリル繊維 と、エステル系重合体を主成分とするエステル系フィブ リル繊維とがひげ状に連結されてなる。そして、オレフ ィン系フィブリル繊維及び/又はエステル系フィブリル 繊維中には、結晶核剤となりうる無機粉末が含有されて いる。また、この湿式不織布は、フィブリッド状短繊維 間の接触点が全体に亙って自己融着されている。このよ うな湿式不織布は、溶媒中に、オレフィン系重合体及び エステル系重合体が溶解しており、且つ無機粉末が分散 している紡糸混合溶液を、フラッシュ紡糸法で吐出して 網状繊維を形成させ、この網状繊維を叩解して得られる フィブリッド状短繊維を抄造し、得られた湿式ウェブを 脱水・乾燥した後、カレンダー法を適用して得られる。

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2016508190-AMarch 17, 2016オムヤ インターナショナル アーゲー, オムヤ インターナショナル アーゲー不織布および繊維のためのポリエステル中のCaCO3